2017 HONDA RC213V #93


マルケスの2017年式RC213Vを製作!

ホイールは前年同様OZレーシング。

シート・テールカウル形状は前年タイプから若干デザインが変わったので、新規製作。

分割はこんな感じ。

スイングアームも2016年バージョンから若干変更アリ。

エギゾーストパイプも2017年版を製作。

その他細々としたパーツの原型も準備。

フロントフェンダーの先端を尖らせるパーツ。

こんな感じで取り付けます。

レジンパーツで組んでいく。

リヤの足回りから組み立て。

シートカウルを取り付ける。

合いも良く、チャチャっとパーツが取り付けられる。

フロント周りを組み付けて・・・

ジャ〜ン、2017年型RC213Vマルケス号!
2017年の前半のホンダはウィングを取り付けていなかった。

パットした見た目は2016年版と同じように見えるが、結構違う。

右サイドから出るロングサイレンサーが特徴的〜

シーズン後半仕様用のパーツも製作。

マルケスの車体で言えば、開幕戦から第五戦フランスまではサイドのマフラーがロングタイプだったが、第六戦ムジェロから最終戦まではスラッシュカットのショートタイプに変更された。シート下のエキパイも変わっている。
フレームも第六戦ムジェロからこの新型バージョンに変更。


ウィングパーツも製作。ウィングは第十戦チェコから使用された。
このパーツ、微妙な曲線から構成されていて、思いの外作るのに苦労した・・・

この2017年版のウィングは2ピースになっている。こんな感じでカウルに取り付ける。

反対側。
ドカティーなんかとんでもないエアロになっていたが(笑)、他メーカーに比べると控えめなエアロ。
マルケスは2018年に入ってもこの小さなエアロを使い続けていた。ホンダ機はエアロに頼らない車体セッティングが出ていたのかな?

更にマルケス号には、後半戦からスイングアーム下にリヤブレーキ冷却用と思われるカーボンダクトが追加された。

ほんと、MOTO-GPマシーンって日進月歩だな〜

複製したレジンパーツの組み立て開始。

前期型から大きく変わったメインフレームが特徴的。

再度のマフラーはショートタイプのスラッシュカット形状に。

エアロパーツも取り付けて・・・

仮組完了。

お次は塗装。



[ BACK ]