2016 HONDA RC213V #93


チャンピオンに返り咲いたマルケスの2016年式RC213Vを製作!

2015年車から2016モデルへの大きな変更点として上げられるのは、マルケス号のホイールがマルケジーニ製からOZ製に変更になった事だ。
タミヤのマルケホイールパーツの寸法を参考にしてOZ版を作ってみた。マルケと似てるけど、スポークの本数が1本多い。ちなみに、ペドロサは引き続きマルケジーニを採用。

で、今回も3D CADから高精度マシニングセンターによる削り出しの方がパーツを作る。
リム部に入っている特徴的な肉抜き加工も忠実に再現。

この繊細かつシャープな仕上がり!
3Dプリンターも流行っているが、やっぱり昔ながらの削り出しの方が、パーツの精度は良いかな?

シーズン中盤からマルケスが使い始めた新型アッパーカウルも製作。
エアインテーク形状が変わったこのアッパーカウル(右)は第10戦オーストリアGPから使用された。

2016年各メーカーが採用したウィングも2タイプ製作。

小さいウィングは開幕戦から第3戦のアメリカズGPまでと、第6戦イタリア、8戦アッセン、第9戦ドイツ、第14戦アラゴン、第16戦オーストラリアで使用。
アッパーカウルに取り付けられた大きいウィングは第11戦チェコから最終戦まで使用されていた
ちなみに。その他第4戦スペインGPはアッパーカウルに中くらいのウィング、第5戦フランスGPではサイドカウルに3枚の小さいウィング、それぞれ一回のみ使用されたタイプも有り。ホンダも色々トライしてたよう。

*レジンパーツへの複製を考えて、カウルへの取り付け部は少し厚めに作ってあるので、実際に組む時には薄々加工すると良いかと思います。

タンク・シートカウルも2015年型からかなり変わった。
シート左下のオンボードカメラとライトは抜きの関係上、原型では別パーツにした。

オンボードカメラとライトを付けるとこんな感じ。差し込み接着式にした。

タンク形状や分割線など、2015年型からは別物。

2016年モデルはフロントフェンダー先端がとんがっているので、小さなパーツを製作。

ピタッと付きます。

作って見てから気付いたのだが、この先っぽが尖ったフェンダー、マルケスはシーズン中は使用しなかったみたい・・・(涙)

スイングアームも2016年仕様に。

新型フロントサス、クラッチ&カバー、リヤブレーキディスク、ステップ、オンボードカメラ用アンテナ(?)、フロントブレーキ用コネクタ等・・・細かいパーツも準備。

*360°回転するリヤシート上のオンボードカメラは、マルケスはシーズン中ほとんど使って無かったので、キットには入れないことにしました。

今回は2013〜年式対応のRC213V用エッチングパーツも作ってみた。

マルケス号のリヤブレーキディスクはベンチレーテッドタイプだが、エッチングだと、このようにディスクサイドにある穴の再現も可能!

ラジエターガードも再現。

シルクスクリーンのデカールも刷り上がり!今回は赤色の版を贅沢に3種類使い、濃紺部分も2種類刷ってみた。コストがかかってます!(笑)

仮組スタート。

このトランスキットはほとんど摺り合わせは不要です。

シートカウル下のエキパイが収まる部分にパーツの干渉があるので、少し削って下さい。

タミヤのキットでは再現されていなかった、ブレーキキャリパーのコネクタ部も再現。

イイ感じ♪

お次は塗装。



[ BACK ]