2013 HONDA RC213V #93


マルケスが、MOTO-GP参戦初年度でチャンピオンに輝いた、2013年型RC213Vを製作する。

もちろん、ベースはタミヤから新発売された2014年式のキットを使用。

外装関係を接着して、仮組。
近年のプラモデルは、組み付け精度が高く、プラパーツの肉厚がとても薄いので、トランスキット用の原型を作る手法も、少し変わってきた。

まずはアッパーカウル。ラムエアダクトの穴が二分割になっている。

スイングアームも若干違う。

その他、フロントサスのボトムケース形状や、トランスボンダーも旧タイプを製作。

サスはディテールアップパーツを使用することを前提にしている。もちろん、カットして使えば、通常パーツに流用することも可能。

2014年型と大きく違うのは、タンクからシートカウルにかけての形状だ。給油口のキャップ部は、塗り分けのし易さを考えて別パーツにしてみた。

マルケス号用、原型パーツ8点。

仮組開始!

ピタっと合います!

こんな感じ!



ペドロサ用のパーツも作る。ペドロサは旧式のアナログタイプのメーターを使用していた。

アッパーカウル。左がペドロサ号、右がマルケス号

ペドロサ用、タンクカバー&シートストッパー

ペドロサ号用の原型パーツは11点。

仮組。

ペドロサは、マルケスのモノより大きいサイズのタンクラバーパッドを張っているので、透明のゴムシート(ノリ付き)を準備した。これをガイドのサイズに切り出して貼って下さい。



[ BACK ]